浮気調査・素行調査

岐阜県岐阜市の浮気調査ならガルエージェンシー岐阜第一へ

「だんな様の様子がおかしい」「うちの娘の帰りがおそい」等、家族や友人などの様子がおかしく、心配になることはありませんか?そんな時こそ探偵の出番です。 大切な人に気がつかせることなく、お客様に安心をお届けします。

※クリックすると各項目に移動します。



浮気チェック

携帯電話から明かされる浮気の形跡
ドラマのような衝撃的な出来事がこんなにも日常で起こっているのです。

Case1仕事と思われるメールは侮れない!

久美さん(仮名)のご主人は46歳、業務連絡に携帯メールを使う会社員。帰宅後も着信がたびたびあり、相手は久美さんも知っている会社の同僚だという。「メルアドを見ると確かに同僚の男性の名前。
内容を見せてもらったところ《会議》とか《営業部》といった言葉が使われていたんです」。ところがそれが落とし穴。ご主人は浮気相手である会社の部下に同僚の名前を語らせ、メールのやりとりをしていたのである。しかも二人は《会議=食事》、《営業部=彼女の部屋》など他人にはわからない暗号をつくり、密会の約束を取り合っていたのだ。
「仕事のメールと思っていたら、こんなことだったなんて…」。男性同士は女性同士ほどメールのやりとりをしないもの。久美さんはそんなご主人に愛想を尽かし、子供たちとの新しい人生を考えている。

Case2バッテリーケースの裏に隠された秘密!

厚子さん(仮名)のご主人は9歳年下。「私がいた部署に彼が新卒で入ってきたんです。
最初は弟みたいな感じだったんですけど、彼のほうが私に夢中になってくれて、年齢なんて関係ないって付き合いはじめました。」まもなくして厚子さんは妊娠、そして結婚。「彼はいつでも私のことを気づかってくれる優しい人。大切にしてくれているんだなと安心しきっていました」。
そんなご主人の浮気が発覚したのは、テーブルの上に置いてあった携帯電話を床に落としてしまったときのこと。「衝撃でバッテリーカバーが外れてしまったんです。それを見た瞬間、愕然としましたね。バッテリーカバーの裏に知らない若い女と一緒に写っている彼のプリクラが貼ってあったんです」。
調査の結果、その浮気相手は20歳の女子大生。キャバクラで知り合い、交際がはじまったという。「私よりひとまわりも若い女と浮気していたなんて…」。そんなショックから厚子さんは離婚を決意。証拠を突きつけ、慰謝料と養育費はしっかり要求すると言っている。

Case3会社で持たされている携帯電話は要注意!

「主人はとても真面目な性格なんです」と話す裕子さん(仮名)。そんな裕子さんがITエンジニアのご主人(28歳)の行動に疑問を持ちはじめたのは昨年の夏ごろ。
ご主人が会社から業務専用の携帯電話を持たされたころからだった。「とにかくその携帯電話を肌身離さず持ち歩くんですよ。トイレに入るときはもちろん、ビニール袋に入れて浴室まで持ち込んでいるようなんです。水が入っちゃったらどうするのって注意しても、自分にしかわからない問い合わせが来たときにすぐに応えないと顧客のクレーム対象になると言われて納得してしまったんですね。昔から仕事熱心だし、浮気なんてできるタイプじゃないと思っていたんですが…」。
調査によるとご主人はクロ。その携帯電話は浮気相手とのメール用にご主人自らが契約をしたもので、料金請求書などは会社に送らせていた。この事実が発覚した直後、裕子さんはご主人に浮気相手と二度と会わないことを誓わせた。携帯電話も解約し、今はもとの幸せな生活に戻っているという。
仕事人間だからと言って安心できないのが現実。仕事にのめり込む人ほど女性にものめり込みやすいのだ。

最近では浮気を知ったきっかけはメールが多いようです。

統計を取った訳ではないので一番とは言えないが具体的に相手とのやり取りは判ってしまう。当然やり取りは消しているのだが既にメールにロックをしている時点で既にやましい のです。写真が残っていることもあったりします。証拠の保全としては相手のケータイに映ったものを転送するのではなくデジカメ等で撮影するほうが参考資料として使えます。一番はビデオカメラで回したほうが記録を撮りやすいと思われます。

Point1
最初にその携帯電話の番号をメニュー「0」などで表示させその後にメールなどのやり取りを撮影していくのが望ましいといえます。

Point2
ただ携帯電話の証拠だけでは裁判資料にはなりにくくやはり決定的とする為にホテルの出入りの証拠写真は必要です。内容も第三者が見て浮気を示す具体的な内容が無いと信用されにくいのです。

Point3
最近、携帯電話のテレビCMでセキュリティケータイという商品をPRしています。一度携帯を閉じて再度あけた時に指紋認証などの機能がついた商品があります。今後、モバイルSuicaなどのクレジット機能がついたものが当たり前になってきますのでこういった携帯電話からの浮気の発覚などが今までよりも少なくなると予想されます。

「携帯で分かる」夫の浮気チェックリスト

Check01 携帯を見ようとすると極端に嫌がる。
Check02 着信をバイブまたはサイレントにしている。
Check03 着信・発進の履歴が消されている。
Check04 常に受信BOXの中に何も無い(削除されている)。
Check05 あなたの前でかかってきた電話に「はい」「いいえ」でしか応えない。
Check06 いつでもどこでも(トイレでも)携帯を持っていく。
Check07 メールチェックの回数が多くなった。
Check08 電話帳に苗字のみで登録している。
Check09 あなたの前でかかってきた電話にでないことがある。
Check10 メールを打つのがやたらと早い。

3つ以上「YES」の方は要注意です!


浮気の解決方法

お互いの話し合い以外での法的解決手段としていくつかのパターンがあります。

Point1 離婚を決意し、離婚時に配偶者へ慰謝料を請求する。
Point2 離婚を決意し、配偶者と不倫相手へ慰謝料を請求する。
Point3 離婚はしないで浮気相手に配偶者とのプライベートでの接触の中止、慰謝料を請求する。
Point4 離婚はせず別居し、配偶者へ慰謝料、養育費などを請求する方法。

その他の方法。

主にご自身または調査会社で浮気調査をお願いし、証拠を掴んだ上での法的手段となります。

調査を行い相手女性の身元、証拠写真が揃った時点での交渉開始となります。
テレビドラマですとそのまま調査報告書を相手に叩き付けるのですが実際にはそういったことは稀です。調査報告書は最後の切り札となります ので使用方法は慎重に選んでいきましょう。

Case1離婚を決意、離婚時に配偶者へ慰謝料を請求する

離婚を前提に考えて調査をするケースと調査をしたら我慢出来ず離婚を決断される方がいます。最終的な決断です。不倫相手が判明出来なかった場合または風俗などの場合によります。
ご自身で決定証拠掴む、または調査会社で浮気の証拠を掴み弁護士に相談、離婚調停などを経て離婚することになります。
体験談を元にさらに詳しく

Case2離婚を決意、配偶者と不倫相手へ慰謝料を請求する

基本的に1番と同じですが浮気相手の身元が判明している場合は 浮気相手に訴訟をおこしていきます。慰謝料の金額では一番期待できる方法といえます。

Case3離婚はしないで配偶者へ慰謝料を請求する。

浮気調査終了後、資料をもって弁護士事務所に相談し、調停を申し立てます。離婚に関しては考えず実家などへ引越し別居をします。調停で和解が成立すれば生活費、養育費などを毎月支払われる事となります。有責配偶者からの離婚の申し立ては出来ませんので住宅ローンなどが残っていれば養育費等の支払いと2重の生活を送ることとなりかなりの負担を強いられる事となります。離婚してスッキリするか、別居して相手を「毎月お金だけを運んでくれる人」と捉え 、割り切って生活するという選択肢もあるのです。

Case4離婚はしないで浮気相手に配偶者とのプライベートでの接触の中止を要求するパターン。

「離婚する気はない」と お考えであればパートナーとの直接交渉を行います。まず浮気をしているかという質問にNOの返答がある 場合があります。

浮気をしていない理由をはっきりと聞いておきましょう。休日出勤の理由、飲み会と言っていた日の行動、調査を行った日の行動。うそはないかどうかはっきりと発言をさせておきます。

そこで初めて調査報告書を見せるのです。相手は調査会社の捏造だ、作文だ。といって反論してくると思います。またプライバシーの侵害だ。など良くわかっていない法律用語を連発してくる 場合もあります。であれば、ビデオテープを再生して見せましょう。動画ではやはりだまってしまうのではないでしょうか。相手が非を認め今後しないと約束をし、あなたもそれですっきりしたのであれば 良い選択肢といえます。しかしその後、このパートナーと離婚したいと考えたとしても相手も証拠がある事を知っている為、離婚するのであればこの段階で全て今ある証拠を見せてしまう得策とは言えません。相手も弁護士に相談するなど何らかの準備を講じてくるでしょうし、本来調停などでウソをつかせたあとに最後に証拠を出しますので慰謝料を取れないという事は無いと思われますが減額 してしまう場合があります。相手の性格を考え、話し合いで解決出来ると考えればこのような選択肢もあります。

相手の女性には内容証明郵便で接触をしないよう勧告しておくとよいでしょう。

Case1その他の方法

解決方法は人それぞれですので証拠を掴んだ後、資料の使用方法をご相談下さい。
反社会的な行動に関してのお手伝いは出来ません。



 

浮気調査の準備


浮気調査の前に

Check1浮気のタイミング

浮気調査には調査をするタイミングが非常に重要です。機会を逸してしまうと、調査をしても全く証拠が出てこないということになります。また調査のタイミングがぴったりですと、その分決着するまで時間がかからずコストも抑えることができます。では調査を行なうのに、ぴったりなタイミングというのはいつなのでしょうか?

Check2タイミングを計るにはメモなどで記録すること

対象者の行動で、怪しい行動や言動があった場合、それらをメモしておくことが重要です。メモをしていくうちに、一定のパターンが浮かび上がってくることがあります。それは曜日であるとか時間帯であるとか。同じ曜日の同じ時間帯に、携帯電話に電話しても出ないし、折り返しもないとかまたは電源が入っていないなど。明らかに様子がおかしい時はメモなどをして記録をしましょう。
簡単なもので構いません。書き込めるカレンダーを購入してもいいと思います。
そこに出勤日、休日、給与支給日などを事前に記入、家を出た時間、帰宅した時間を記録して行きましょう。後から怪しいレシート等が出てきたら日時を記入しておきましょう。また診療内科などを通院しているのであれば通院日なども記入、診断書やレシートなども貰っておきましょう。また給与明細などから有給休暇を確認、知らない日に有給休暇を取っているようであればかなり怪しいかも知れませんね。こういったメモ や日記が証拠になることもありますし、調査のタイミングを計るための重要なデータとなるでしょう。

おおよその怪しい日が特定出来たと思います。
この日記は調停などでもあなたの見方になってくれるでしょう。
また調査会社に依頼する時も浮気の可能性の高い日を選択したほうが予算的に考えても得策といえます。 ただ考えすぎはよくありません。

依頼者が浮気調査を申し込んだ場合、ケースにもよりますが女性の依頼者は相手が浮気をしている日に調査をお願いしています。男性依頼者は空振りも多いと思います。その違いは観察力です。女性依頼者の多くは掃除や洗濯の為、男性の衣類や小物、書類などに触る機会も多く些細なきっかけから相手の変化に気が付きます。男性は逆に妻などの小物に触る機会などが少ないので情報不足が否めません。 生理のスケジュールを確認しておくのも手だと思います。

「女性は鋭い」というのは勘や性格だけではなく観察力が優れているのです。

Check3携帯電話には重要な情報がたくさんある

今、一人に一台は持っている携帯電話。この携帯電話には浮気調査を行なう上で、重要な情報がびっしり詰まっています。例えば電話の着信・発信履歴はもちろんメールの文章など、もしチェックできる状況にあるならばチェックしてみましょう。事前に対象者が浮気相手と会う日時を特定できるかもしれません。もしロックがかかっていて、メールの内容が見れない場合でも、メールの文章を新規作成するときに、「あ」などの文字を入れてみましょう。よく使っている言葉ならば、「愛してる」や「会いたい」などあなたには送ってこない内容の文章が履歴としてでてくるかもしれません。それだけでも十分に怪しいですよ。 ただ感ずかれないように注意しておこないましょう。
詳しくはこちら

Check4調査をするタイミングを自分で作ってみる

明らかに怪しい対象者の行動。そんなにお酒が好きであったわけでもないのに、同僚と飲みに行くということが多くなったなど、イライラすることもあるでしょう。でもここで声を荒げて怒ったりしてはいけません。スキをつくって対象者を自由にしてあげましょう。
例えば同窓会があるなどと言って、家を空けてみるなどしてみてはどうでしょう。あなたがいないことをいいことに、嘘をついて浮気相手と会ってるかもしれません。あなたが家にいないという開放感や安心感が対象者の気を大きくし、大胆な行動を取らせることもあるのです。より行動を促す為に、対象者が体を求めてきても、具合が悪いなどと言って、はぐらかしてみるのもいい手だと思います。 ただ逆に怪しんで行動を起さないほうがいい場合もあります。

Check5浮気調査時の注意事項

あなたが我慢してタイミングを計り、調査を決行する時がやってきました。でもそれで気を大きくしてはいけません。注意して欲しいことがあります。我々探偵社の相談員の名刺や契約書控を見られないことはもちろん、対象者との会話時に興奮したり警戒される言動をしないでください。なかにはケンカになってしまい「あなたがそんないい加減だから、興信所に調査をお願いし たんだからねっ!」などとカミングアウトしてしまう人もいます。こうなっては調査どころではありません。調査を成功させる為にも、最後まで抜かりなく準備しましょう。

Check6信用できる探偵社かどうか

浮気調査をすることは決意したものの、どこにお願いしていいかわからない。そういう不安をお持ちの方もたくさんいるでしょう。その場合にその探偵社が信用できるか、安全なのかチェックしてみましょう。

Point1 きちんとした事務所を構えてない。ホテルのロビーや喫茶店などで会おうとする。
Point2出された名刺がかけた電話の会社と違う。
Point3 調査プランの説明がわかりにくい。料金体系が不明瞭。
Point4調査の成功の条件をあいまいにしている。
Point5契約書類を作成しない。
Point6他社とサービスや料金を比較することをとても嫌がる。無理に契約させようとする。
Point7 失敗するリスクの説明がなく、成功することを強調する。
以上の事項にあてはまる探偵社は信頼できないでしょう。できれば調査報告書のサンプルなどを見せてもらったりしましょう。どういう結果を手にできるのかイメージできたほうが安心です。
Check8浮気調査に対する心構え
対象者が浮気をしている様子。それを知ったあなたは怒り心頭になり、調査をすることを決断しました。いざ調査を依頼しようと探偵社に相談したところで、迷ってしまうことがあります。いわゆる良心の呵責です。長年連れ添ってきた対象者を騙しているようで、申し訳なくなってしまうのです。浮気調査をして離婚するというのは、特にお子様のいる家庭にとって一時の感情でのみ判断していいものではないでしょう。しかし、何もせずに手をこまねき、相手方から離婚を切り出された場合、もっと悲惨です。
お子様の親権や養育費の問題、住む場所の問題、身内・親族に対する問題、金銭的な問題(慰謝料・財産分与)など様々な問題を解決していくのは、あなた自身なのです。浮気調査を決断させる原因を作ったのは、誰なのかを考えてみましょう。事実を掴む、証拠を掴むうえで浮気調査が必要であれば、探偵を 活用すればいいのです。必要でなければ、ご自分で証拠収集をすればいいのです。

Check5巷にあふれる浮気・不倫

あなたのパートナーが、内緒で別の異性と会っていたら・・・とふと心によぎったことはないでしょうか?浮気・不倫という問題はどのカップルにもふりかかる可能性のあるものなのです。では、実際に自分の身にふりかかってしまった場合、どう対処すればいいのでしょう。一般的には

1離婚を前提に話し合いをする
2離婚は前提とせずに、浮気をやめさせるよう話し合いをする
3我慢したり、興味がなくて放っておく

以上に分類されます。1と2に該当する方が、探偵社に浮気調査を依頼されるのです。
浮気調査にて事実の把握をし、不貞行為を押さえることで、離婚に向けた話し合いをスムーズに進めたり、浮気相手と別れさせたりするのです。離婚は結婚とは違い、養育費・慰謝料・財産分与など金銭が絡んできます。離婚する時は、結婚する時以上の準備が必要であると言えるでしょう。

調査報告

調査報告

調査が完了しましたらご報告書をお渡しいたします。私たちの唯一の商品になるのがこういった報告書なのです。報告書は以下の様な書式で写真、時間、取った行動、場所や地図、人物の特徴などを細かく記述しています。
指定された時間から調査を開始し、取り決めた条件(対象者の帰宅等)まで記録をしていきます。不貞行為の確認の場合ですとホテルや相手の自宅の出入りなどを撮影していきます。これがいわゆる証拠と言われているものです。

可能で有れば数日繰り返し調査終了後にお渡しいたします。調査内容・期間によって冊数が変わります。
またDVD-Rまたはブルーレイディスクのいずれかをお渡しいたしますので映像でも確認して頂けます。調査内容によっては映像をお渡ししない場合も御座います。

アフターフォロー

調査が完了しましたらご希望であれば弁護士をご紹介致します。ご自身で探されてもなかなか合った弁護士が見つからない場合もあります。弁護士も得意分野があり離婚に関わる訴訟を得意としている先生がおられますのでお知りでなければご紹介致します。

もしご不安であれば一緒に伺いますので法律的なアドバイスを受けてから離婚されるのか、その他の解決方法などを選んで頂く事が出来ます。
浮気の解決方法へ

実際に調査を行った調査員達が、調査期間中に知りえた全ての調査結果を 写真・地図・参考資料なども添付して詳細に記載いたします。 また、調査員達の経験を踏まえた上でのアドバイスなども記載致しますので、 今後の参考になさって下さい。 調査内容・期間によって冊数が変わります。 調査内容や依頼者様の要望によっては写真などの資料を付けない場合もあります。 参考資料として、この報告書の他に映像を記録したDVD-Rまたはビデオテープ、他の資料が付く事もあります。



依頼者の声1

調査を行った依頼者から後日調査の体験談を語って頂きました。
典子さん(仮名)の体験談

私は探偵さんに調査をお願いしたのは初めてではありません。
数年前に一度、夫の浮気を疑って悩みに悩み、探偵さんにお願いするしかないと考えて…。タウンページを見て親切な謳い文句の広告が出ていて良心的そうだった探偵社さんにお願いしました。(ガルエージェンシーさんではありません)探偵さんの事など全く知らなかった私は、目安の金額だけでも聞かせて頂きたいと思って待ち合わせの喫茶店へ出かけ、「他の方もこんなに調査費用を使っているんですよ。」というような話や男性がどれほど上手に浮気をするかというような話を聞かされてすぐに契約をする事にしました。
しかし、調査期間中には二人が確かに付き合っているという報告は受けていましたが、調査期間終了後に受け取った報告書には確たる証拠写真などは添付されておらず、「暗いから写りませんでしたが、裁判では調査員が証言しますから」という言葉に納得するしかありませんでした。
夫にもそれとなく尋ねていましたが、いつもシラをきられて終わりでした。
しかし、昨年、新たな女性との浮気を確信し、以前の女性とも続いているのではないかと考えた私は、再度どこかへ調査をお願いしてみようと思い立ちました。
「今度は失敗しないように依頼先を決めなければ」と考えインターネットで検索してヒットした数社へ相談のメールを送りました。それと同時に質問サイトや情報掲示板で"失敗しない探偵さん選び"などの情報も一生懸命収集しました。
その結果、相談に対する回答の感じや、収集した情報に照らし合わせて怪しげな探偵社を消去していき直接お会いしてみる事にしたのはガルさんだけでした。
それでも、実際にお話を伺うまでは不安な気持ちは拭えていませんでしたが初めて直接対面してお話を伺った時、 相談員の説明や調査の内容を聞き「ここなら間違いない!」と確信して契約させて頂く事にしました。そして、調査をして頂くと、思った通り、最初の調査で証拠を撮って下さいました。
それまで夫に対して不信感を口にすると、その何倍もなじられていた私は"動かぬ証拠"というものが手に入った時、爽快感さえ感じました。
知らない女性と手を繋いで歩く自分の夫やホテルに消えていく写真を見るのは、決して気持ちのいい事ではありませんでしたが私の友人にまで 「あいつの被害妄想には参ってる」だの不審点を尋ねる私に「オレに女友達がいて何が悪い!」だのと嘯いていた夫に「あなたの言ってた事は全部ウソだったね!」と言えると思っただけで満足でした。また報告書が、あまりにも最初に見せて頂いたサンプルと同じでキレイで詳細だったので「ウソみたい~」と思って嬉しかったのもありました。
その後、さらに何回か証拠をとって頂いてから弁護士さんに相談し、裁判で負ける事はないと解った為、夫を単刀直入に問い質しました。最初はいつものようにシラをきったり、逆ギレして私の頭がおかしいのだと怒鳴り散らしたりしていましたができるなら裁判にはしたくないと思っていた私は「あなたは裁判で勝つ見込みはないから無用な争いはやめようよ。」と告げました。
最初はなんの事かわからない様子でしたがこちらに証拠があると知ると、うって変わって浮気を認めて謝罪し私の目の前で女性達に電話して別れた上で各々が浮気の慰謝料と探偵さんにお願いしてかかった費用を支払う事を約束しました。
女性の一人は人妻だったため、ダンナさんに自分の浮気を知られたくないということで、すぐにお金を振り込んできましたし 、もう一人の女性も最初はのらりくらりと逃げ口上を言っていましたが裁判をして負ければお給料が差し押さえられると知ってすぐに支払ってきました。
お金で心の傷が完全に癒せるわけではありませんが出かける夫に何時頃帰宅するか質問しただけで「オレを疑ってるのか!いいかげんにしろ!」と怒鳴られたり高価なアクセサリーを購入したカード明細を自分の母親へのプレゼントだと言い張られて、疑いを抱きながらも我慢していた長い年月を考えると、本当に溜飲が下がる思いでした。
子供が小さいので、今はまだ離婚はしていませんが、裁判をすれば自分が負けるとわかっている夫はそれまでとは別人のように大人しくなり、私のチェックにも罵詈雑言にも黙って耐えています。また今後、もしも女性問題を起こした場合は私の言う通りの条件で離婚に応じるという誓約書も交わしました。
調査費用は確かに必要でしたが今は本当にお願いして良かった…もっと早くガルさんにお願いすれば良かったと感じています。それで最初の探偵社での失敗の事も考えて、私の体験を皆さんに知って頂けないでしょうか・・と申し出た次第です。宣伝の謳い文句やメールのやりとりだけでは不誠実な探偵社を完全に見分ける事は難しいと思いますがその探偵社の技術力や熱心さは冷静に観察すればわかります。
もしも結婚相手に不信感を持って探偵さんにお願いしようかどうしようかと悩んでいる方がいらっしゃるなら、悶々とした状態で人生の時間を無駄にしてしまわれるよりは事実が判明した後、自分がどうしたいのかという事を考えた上で解決へ向けて踏み出される事をお勧めしたいと思います。
私も本当にいい経験をさせて頂きました。いずれ離婚すると思いますが、気持ちよく別れられる気がしているのは真実を知った上で、夫と話し合いができたおかげだと思います。「知りたい」「知りたくない」など・・個人差はあると思いますが知った事実をプラスにしていけると信じていれば何も怖くありません。
今、悩んでいる方の苦しみが一日でも早く解消されますよう…心よりお祈りしています。

調査員談
報告書に関しては昼間ホテルに出入りをした為夜間に比べ鮮明に撮影出来たと思います。夜間でも出来る限り撮影していきます。 調査員が出廷する場合というの最悪の事態で近年では稀だと考えています。

次に麻美さん(仮名)に質問形式でご回答頂きました。
Question1ご主人の変化に気が付いたのは何がきっかけだったのでしょうか。
絶対に持たないと言っていた携帯電話を持つようになり、ロックをかけていたこと。そして、家の外で長電話をしたり、女性と思われる同じ相手から主人の携帯に何度も電話がかかっていた事です。家に帰らない日が増えたことでしょうか。

Question2当時の心境はどの様なものがあったのでしょうか。
初めは確信が持てなかったので、考え過ぎかと思ってあまり深く追求しなかったのですが、もしかしたら…と不安でした。気づいてからの一年間は何をするのも辛く、死にたくなるくらいに苦痛でした。 怒りや、悲しみなどいろいろな感情が湧き起こり、ストレスで眠れない事もしばしばあり、気が付いたら死ぬことばかり考えていました。しかし基本的には関係を修復しようと考えていました。

Question3離婚を決断した理由ときっかけと相手の対応はどんな様子だったのでしょうか。
初めは元に戻る事を考えていましたので、必死に話し合いをしようと試みましたが、感情的になり、まったく話にならず、ケンカになるばかりでした。離婚を決断するきっかけとなったケンカで、相手からはどこまでホントか判りませんが、私に調査をさせて「離婚を早めるためにわざと携帯を見られるように置いておいた。」というようなひどい事を言われました。ここまで言われたら修復はできないと思いました。

Question4弁護士の方がサポートしてくれたことなど
弁護士は私の話と調査の書類をもとに、主人だけでなく、相手の女性も訴えるよう話を進めてくれ、相手の女性についている弁護士とも話しあってくれ、私が深く傷つくことなく、スムーズに一番いい方法で解決してくれました。調停の時には感情的になってはいけないとアドバイスを頂いたり、嫌なことは早く終わらせて次の人生を早くスタートした方がいいと励ましの言葉をいただいたりして心強かったです。

Question5調査を申し込んだ経緯と決断した理由
調査をしようと決心したのは、主人が自分が浮気していることはあくまでも隠し通して、一方的に私が悪いと言うことにして、別れようとしていたからでした。そこで、裁判になっても通用するようなちゃんとした証拠が欲しいと考え、調査を申し込みました。

今では離婚し、旧姓に戻って半年になります。初めは戸惑いもありあましたが、今ではもう慣れるというか、落ち着いて来ました。職場も変わることなく元気にやっております。いろいろありましたが、私も少しは人間的に強くなったのではないかと思います。

依頼者の声2

依頼者の声

岐阜県A子さんからのお手紙
この度は、ガルエージェンシー岐阜第一支社様には大変お世話になりました。ガルさんには、調査の面だけではなく、精神的な面でも支えとなっていただき本当に感謝しております。私は1年ほど前から夫の行動に不審を抱くようになりました。それは突然の残業が増えたり、出張に頻繁に行くようになったことからでした。家事、子育てに追われた日々に併せて夫への不信感に一人で悩んでいました。友人や親類には、はずかしく相談できず、ただ一人で悩み苦しむ毎日を過ごしていました。何かが胸につかえたような悶々とした日々を過ごしていました。 そんな折、ガルさんのチラシを郵便受けに見つけ、すがる想いで電話を掛けました。私はその日のうちにガルさんを尋ね、相談員の方に全てをお話しました。相談員の方には遅い時間に伺ったにもかかわらず親身に、また丁寧に私の気持ちを聞いていただきました。調査をお願いしてから数日後、ガルさんから報告書を頂き、夫の浮気を知ることができました。覚悟はしていたことでしたが、実際少し戸惑いました。しかしガルさんの適切なアドバイスを頂き、私自身、覚悟を決めて離婚することを決めました。こうなったら、夫には子供たちの為にもきちっとした対応を約束させなければいけないと思います。また、相手の女性にも責任ある対応をとっていただこうと思っております。これから、また新しい戦いが始まりますが、まだまだ、ガルさんには力になっていただければなりません、どうぞ今後ともよろしくお願い致します。

岐阜県B子さんからのお手紙
娘の夫が浮気をしているようだと、娘から相談されました。私は岐阜県に住んでいるのですが、娘夫婦は東京に住んでいました。2人の子供を抱え、混乱している様子の娘。なんとかしなくてはいけないと一念発起し、ガルさんに相談しました。ガルさんは全国に拠点があり、岐阜で相談しても東京の方が調査してくださるとのことで、経費を無駄に使わないで調査をして下さいました。報告も丁寧にしてくださり、きちんとした証拠を押さえていただきました。娘からも感謝され、これから家族で話し合わなくてはいけませんが、ガルさんにもまた相談させていただこうと思います。ありがとうございました。

東京都C子さんからのお手紙
娘の夫が浮気をしているようだと、娘から相談されました。私は岐阜県に住んでいるのですが、娘夫婦は東京に住んでいました。2人の子供を抱え、混乱している様子の娘。なんとかしなくてはいけないと一念発起し、ガルさんに相談しました。ガルさんは全国に拠点があり、岐阜で相談しても東京の方が調査してくださるとのことで、経費を無駄に使わないで調査をして下さいました。報告も丁寧にしてくださり、きちんとした証拠を押さえていただきました。娘からも感謝され、これから家族で話し合わなくてはいけませんが、ガルさんにもまた相談させていただこうと思います。ありがとうございました。

岐阜県D子さんからのお手紙
このたびは、大変お世話になりました。結果は私の思い過ごしということでしたが、私の疑いがすっきりして晴々とした気持ちになりました。なかなか、結果がでなかったため半年間という長い期間でしたが変わることなく親切丁寧な対応をしていただきありがとうございました。私たち素人では到底わかりえることのできない内容の報告書には、さすがプロと感心しております。今後とも私のように悩んでいた人の為にご活躍ください。本当にありがとうございました。

岐阜県E男さんからのお手紙
彼女が他の男と駆け落ちするといって、出て行った時は復讐してやろうと思って調査を依頼しました。その男には間違いなく他の女がいることはわかっていました。調査でつかんだ証拠を使って、仲を裂いてやろうと思ったのです。やはり調査をするなかで、その男が他の女と交際している証拠をつかんでもらいました。そのうえでいろいろ親身になって相談に乗っていただきました。当初は仕返しをしたい気持ちでいっぱいでしたが、ガルさんに相談していくうちに彼女とも穏便に話し合うことができました。彼女はきっぱりとその男と別れてくれ、私の元にかえってきてくれました。本当にお世話になりました。ありがとうございました。


浮気調査の金額

浮気の調査の金額

内容よりも何よりも一番気にされているの料金の事ではないでしょうか。
浮気調査では事前の情報からお知りになりたい情報、必要な証拠、対象者の行動範囲、移動手段に対し、調査日数、調査時間、必要な人員数、車両やバイクの有無、女性調査員の出動有無、最適な機材の選択などを考慮した上で算出致します。 詳しくお話を伺った上でないと適切なアドバイス、調査方法を選択させて頂きます。
使える予算などは人によって様々ですので接触している写真のみでも結構という方もいれば裁判資料に耐えうる証拠を求める方もおられます。または浮気相手の氏名や住所、家族構成などの情報を求めらる方もいます。
依頼者ひとりひとりが求める調査結果に対して最適なプランをお出し致しますので一度ご来社頂く事が解決の第一歩といえます。当然合意の上でお決めしますので安心してご来社下さい。
また分割払いもご用意しておりますので調査自体を急いでおられる方はご利用されたらいかがでしょうか。恥ずかしい事ではないのです。
調査料金が表示されていれば有料業者とは限らないのです。依頼者にあった最適なプランをご提案し納得頂ける調査結果をお伝えする事が出来ることが相談員の役目、企業の役目と捉えています。インターネットで何でも買うことの出来る時代になりましたが調査は人が人の為にお手伝いする仕事です。

ご予約はこちらから

ご予約の上ご来社下さい。平日、10時~22時まで 土日、祝日可能です。その他の時間、場所などはお気ガルにお問い合わせ下さい。

詳細地図はこちらから


調査内容・調査実例

調査事例
「主人がお風呂に入っている間に携帯電話を見ようとしたらメールにロックがかかっている。最近冷たいし何か隠しているのかも知れない…」問いただしても逆切れされるし、だんだん「うつ」になりそう。

解決方法
ご主人の勤務時間が終了の頃から張り込みを開始、程なくして退勤し駅とは反対方面へ・・・尾行を続けると一人の女性と接触、喫茶店で長時間の会話。その日はそのまま判れたが奥さんは半端な気持ちが吹っ切れ離婚を決意。本格的な調査を行い二人がホテルに入る不貞行為の証拠写真を入手。以後相談員から紹介された弁護士に相談する事にした。

調査事例
「主人(K氏)が女性と交際している様子なんです。コレという証拠はないけどなんとなく感じるんです。そういうのありますでしょ?」30歳の妻、女の直観…。

解決方法
早速K氏が休みの土曜日に張り込みを開始、出掛けるK氏の車を追う。 とある駅から停車したK氏の車に女性が小走りで駆け寄り、車に乗りこむ。 朝兼昼食はラーメン屋、5時間のラブホテル、夕食はそば屋…このコースを辿り二人は先ほどの駅で別れた。その後女性宅を確認、既婚者であった。 これはよく依頼を受けるケースです。夫婦や恋人の一人が浮気の気配を感じ行動確認したくなる。この決定的証拠を手にした依頼者がどうするのか、それは依頼者にしか分かりません。私たちは真実をお伝えすること、これ以外にないのです。

2016年11月18日